食事という行為は、次に食べようと思った物をなんとな…

食事という行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口へ運んで20回前後噛んで飲み下して終わりだが、その後体は実によく動いて食物を身体に取り込む努力を続けているのだ。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞がダメージを受けてしまったために、残念なことに膵臓から大半のインスリンが出なくなることで発病する自己免疫性のタイプの糖尿病です。

鍼灸用の針を刺してもらう、というフィジカルな複数の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号伝達を誘発するという見解が広まっています。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝という病気は、狭心症を始めとする非常に多くの健康障害の合併症をもたらす可能性が高いと考えられています。

塩分や脂肪分の摂取過多を控えて軽い運動に励み、ストレスのかかり過ぎない生活を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防するポイントなのです。

HIV、つまりエイズウイルスを持った血液や精液のほか、腟分泌液、母乳、唾液等の体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に接触すると、HIV感染の可能性が出てくるのです。

学校や幼稚園等の大勢での団体生活をするにあたって、花粉症が原因でクラスメイトと同様にパワー全開で走り回ることができないのは、患者さんにとっても残念なことです。

一度永久歯の周りを覆っている骨を脆くさせるまでに放置してしまった歯周病は、おそらく炎症自体が落ち着くことはあっても、骨が元通りになるようなことはないに等しいと言われています。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞・組織などの活動に深く関わっている酵素など、200種類以上もの酵素を構成する物質として欠かせないミネラルだといわれています。

チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の追跡調査のデータから、成人に比べると体の小さな子供のほうが飛んできた放射能の有害なダメージを受けやすくなっていることが見て取れます。

環状紅斑というものは輪状、すなわち輪っかのようなまるい形状をした真っ赤な湿疹や鱗屑など、皮膚病の総合的な名前であり、その原因は余りにもいろいろです。

日本における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で実施されてきましたが、半世紀が経過した2007年からその他の感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って行われることに決定したのです。

明るくない所では光不足のためものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに多くの力がかかり、日の差す場所でものを眺めるより疲れやすくなるのです。

陰金田虫は20代~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があり、大抵の場合は股間の周囲だけに広がり、走ったり、お風呂上りのように身体が熱くなった時に猛烈な痒みに襲われます。

内臓脂肪過多による肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2項目以上に相当するような状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けています。