脳内の5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みの制御…

脳内の5-HT神経は、自律神経を整えたり痛みの制御、色々な覚醒現象などを操っており、単極性気分障害に罹患している方ではその活動が弱いことが明らかになっているのだ。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今までの膨大な研究の成果から、ワクチンの効果が望めるのは接種の約14日後から約5カ月間くらいだろうということが分かりました。

ポリフェノール最大の働きは水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは違い、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ効果に優れているのです。

2005年(H17)年2月以降特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起のキャッチコピーの明示が義務化している。

音楽の公演の開催場所やクラブなどに置かれているとても大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも出ることがあるためさほど深刻な心臓の障害ではないにせよ、発作が幾度も次から次へと起きるケースは危ない状態です。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無効になってしまった後に発売され、新薬と同じ成分で負荷が少なくて済む(薬の代金が安価な)後発医薬品そのものです。

アルコール、薬、合成着色料を始めとした食品添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きのことを解毒と称し、肝臓の担う非常に大事な活動の一つと言えるでしょう。

ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑制する、1人前を食べない、そんな食生活が必要な栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘発していることは、頻繁に問題視されていることなのです。

子どもの耳管の作りは、大人のそれと比較して幅があって短い形であり、かつ水平に近いため、バイキンが進入しやすくなっているのです。小さな子どもがよく急性中耳炎になるのは、この事が関わっています。

うす暗い場所では光不足でものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに余計なパワーが消費され、結果的に明るい場所でものを見るより疲労が大きくなるのです。

基礎代謝量は目覚めている覚醒状態で命を維持する(鼓動、口からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張のキープなど)のに要る最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊すなど、肌に悪い影響を与えています。

インキンタムシ(陰金田虫)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)という名称で、カビの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などに感染してしまい、棲みついた感染症で水虫です。

肥満(obesity)の状態は前提として食事内容や運動不足が要因ですが、量の等しいごはんであったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。