常在細菌の一種であるブドウ球菌(ブドウキュウキン、…

常在細菌の一種であるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができるのです。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、オゾン層を通過する際に一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させたりして、皮ふに良くない影響を与えます。

トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ働きが一際有名ではありますが、それ以外にも肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生産を抑えることが確認されています。

素人が外から眺めただけでは折ったのかどうか判別できない時は、違和感の残る地点の骨をゆっくり触ってみて、もしその位置に強い痛みが走れば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

気が付くと肘をついて横向きになったままテレビを眺めていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、ハイヒール等をよく履いたりという習慣は身体の左右のバランスを崩してしまう大きな原因になります。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究により、予防の効能を期待できるのは、ワクチン接種を受けた14日後くらいから150日間程度だろうということです。

吐血と喀血、両方とも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺を繋いでいる気道(呼吸器…respiratory system)から出血する症状で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血する病状を指しています。

ちょっとした捻挫だと決め込んでしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子を窺うよりも、応急処置してから少しでも早く整形外科を訪れることが、早く快癒させる近道だといえます。

体重過多に陥っている肥満というのは前提として摂取する食物の種類や運動不足などが要因ですが、同量のごはんであっても、短時間で終了する「早食い」をし続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなるようです。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3~4日くらい服薬すれば、大抵、多くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、とはいえ食道の粘膜のダメージや炎症が全快したわけではないようです。

ばい菌やウィルスなど病気を誘引する病原微生物、すなわち病原体が口から肺の中へ進入し罹患してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を呈示している状況を「肺炎」と称しているのです。

過食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、心身両面のストレス、高齢化など多様な素因が融合すると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患することになります。

ご高齢の方や病を患っている人は、極めて肺炎に罹患しやすく治りにくいという傾向が見られるため、予め予防する意識や早めの処置が肝要です。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、焦り、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が2週間以上続きます。

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの値で判断することができますが、ここ2、3年肝機能が落ちている人数が増加傾向にあるということが分かっています。