人の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅう…

人の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、中耳の部分に様々なバイ菌やウィルスなどが感染し、炎症になったり、液体が溜まる病を中耳炎と称しています。

収縮期血圧が140を超える高血圧が長く続くと、体中の血管に強い負担となり、身体中至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を併発する割合が高くなるのです。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を壊すなど、皮膚に良くない影響をもたらすのです。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、人間が咳き込むことで室内に散り、空気中にふわふわ動いているのを今度は違う人が呼吸の際に吸い込むことによってどんどん拡がっていきます。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足裏、指の間などにブツブツの水疱が現れる病気で、大抵はあせもと呼び、足の裏に出現すると足水虫と混同されるケースが結構あります。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、正常ならヒトの身体をガンにさせない役目を担う物質を生産するための金型のような遺伝子の不具合が原因でかかってしまう病気だと言われています。

グラスファイバーで製造されたギプスは、大変丈夫で重くない上に耐久性があって、なんと濡れても壊れずに使用できるという長所があるため、今の日本のギプスの定番製品なのは間違いありません。

鍼灸用のハリを体に刺す、という直接的な多数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名のいわば電気信号伝達を起こすのではないかと言われています。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、全身の脂肪が占めているパーセンテージであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キロ)×100」という式によって値を確認できます。

脚気の症状としては、手や脚がマヒしたり下肢の浮腫みなどが標準で、病状が進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを連れてくる可能性があるということです。

多機能な肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や糖尿病といったありとあらゆる健康障害を誘発する恐れがあることをご存知でしょうか。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新しい薬の特許が切れた30日後、製薬市場のおよそ80%がジェネリック(後発医薬品)に取って代わる飲み薬もある位、ジェネリックは各国で採用されているのです。

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の円滑な産出を促進しているかもしれないという可能性が判明しました。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒力が極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒素の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。

陰金田虫(インキンタムシ)は20~30代の男性多く見られる傾向があり、ほとんどの場合は股間部だけに広がり、走ったり、風呂に入った後など身体が温まると激しいかゆみを招きます。