インフルエンザ(流感)に適応する予防術や治療方法な…

インフルエンザ(流感)に適応する予防術や治療方法など原則的な対処策は、それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザでもほとんど同じです。

我が国における結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」に沿って進行されてきましたが、2007年からその他の感染症と一緒に「感染症新法」に沿って実行されることとなりました。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く様々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに深く関係する酵素など、約200種類以上もの酵素の構成物質となるミネラル分だといわれています。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許切れの後に購入できる、同一の成分で経済的な自己負担が少ない(クスリの金額が安価な)後発医薬品のことをいいます。

アルコールを無毒化する効果を持つナイアシンは、辛い宿酔に大変有効です。苦しい宿酔の元凶物質だといわれている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に力を発揮しています。

クシャミ、鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の主な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散する量に追従したかのように悪化の一途を辿るというデータがあるそうです。

国民病ともいわれる花粉症とは、杉や檜、ブタクサなどの木や草の花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻水などの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気だということは、今や常識となりました。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術(CABG)」という両方の技法が一般的に使用されています。

下腹部の疝痛を主訴とした病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患など、様々な部位の病気が挙げられるようです。

ピリドキサールには、あのアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない重要な回路へ組み込むため、なお一層細分化することを補助する機能もあります。

ハーバード大学医学校(HMS)の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上カフェイン抜きのコーヒーに変えることで、なんと直腸がんの発症する確率を半分以上も減らせたとのことだ。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在するのです。

子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して幅がある上に短い形であり、尚且つほぼ水平になっているため、ばい菌が入りやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎になりやすいのは、この事が関わっています。

体脂肪量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食事・飲酒や排尿等で一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った人は体脂肪率が高まります。

「常に時間に追われている」「わずらわしいいろんな人間関係が嫌でしょうがない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスが蓄積されてしまう原因はみんな異なります。