お酒に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシ…

お酒に含まれるアルコールを分解する力のあるナイアシンは、不快な宿酔に効果的です。ゆううつな宿酔の素因だといわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に作用します。

めまいは出ないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを何度も発症するケースを区別して「蝸牛型メニエール(メニエール氏)病」という病名で呼ぶ事があるということはあまり知られていません。

下腹部の強い痛みが主訴となる主な疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性特有の病気等がみられるようです。

チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、成人に比べると体の小さな未成年のほうが放出された放射能の有害なダメージを受容しやすいことが理解できます。

肝臓を健やかに維持し続けるためには、肝臓の解毒する力が低くならないようにすること、言いかえれば、肝臓を老けさせない対処法を開始することが効果的だと言われています。

杉花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく眠れない場合、それが因子になって慢性の睡眠不足に陥り、翌朝起きてからのすべての活動に悪影響を及ぼすことがあります。

体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこの2つに代表される様々な活動をキープするために欠かせない栄養素までも欠乏させている。

吐血と喀血、どちらも血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることで、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する状態を指します。

20才代、30才代で更年期になるなら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気にあてはまります(この国の場合は40歳未満の比較的若い女性が閉経する状態を「早発閉経(POF)」と呼んでいるのです)。

複雑骨折により大量に出血してしまった状況では、急激に血圧が下がって、めまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、意識喪失などの様々な脳貧血の症状が引き起こされるケースもよくあります。

アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れた約4週間後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるという飲み薬もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は世界で浸透しているという現実があります。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も症例の多い中耳炎で子どもによく起こる病気です。耐え難い耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの色々な症状が現れます。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に市場に出回って、新薬と同一の成分で負荷が少なくて済む(クスリの価格の安価な)後発医薬品のことを意味しています。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮静化させ、色々な覚醒現象などを支配していて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している人ではその機能が減少していることが判明しているのだ。

HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ精液、血液、腟分泌液、母乳、唾液といったいたる所の体液が、交渉相手などの傷口や粘膜等に触れれば、感染する危険性が高くなってくるのです。